健康に良い酵素食品とは

少し前に著名人が生活に取り入れていることで話題となった酵素食品や酵素ドリンクは、聞いただけだけだと何となく体に良さそうなイメージがあるはずです。

具体的に、酵素食品とは体にとってどのようなメリットがあるのかについて知っておきましょう。酵素の実体は、一言で表すとたんぱく質です。体のあらゆる組織を形成し、生きていく上で欠かせない栄養素として重要な役割を果たしています。

酵素の研究が進んでからは、食品としてだけでなく洗剤などの日用品にも取り入れられるようになりました。酵素食品とは、たんぱく質を多く含む食物のことで、消化酵素として物質を分解する役割があるため、食べ物を消化するときに胃腸の負担を軽減してくれたり、消化不良を防いでくれます。

代表的な食材には、大根、生姜、にんにく、玉ねぎなどがあります。そして酵素食品とは、実に熱に弱い食材でもあるため、50度以上で加熱をして調理をするとせっかくの酵素が破壊されて栄養素が大幅に失われてしまいます。

調理法としておすすめなのは、加熱をせずにサラダなどの生の状態で食べることです。調理のレパートリーが少ないと感じてしまいますが、例えばハンバーグに大根おろしを添えたり、刺身にネギや生姜のすりおろしなどの薬味を添えるなど、ほんのひと手間で酵素を摂取することが可能です。

酵素食品は意識すればいつでも手軽に摂取できます。健康にも美容にも大いに役立つたんぱく質のはたらきを期待して、酵素を取り入れた生活を始めてみましょう。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です